9/25(金)-9/27(日) 不在です

 

9/25-9/27までの3日間。事務所はお休みします。

 

リノベーションスクールという

今、僕が大注目している活動に参加して参ります。

 

http://renovationschool.net

 

北九州から始まり、全国各地で展開されている時代の波。

僕が今回参加するのは岩手県紫波町のスクールです。

オガールプラザ、という公民連携タイプの場所でなされるのも幸運。

どうしてもこの目で見たい場所でもあったから一石二鳥です。

さらに、通常は「事業計画」という、

頭をフルに3日間使って計画を練って

最後に、オーナーの皆さんに提案する、という流れがベースですが

リノベーションスクール@紫波 では

「セルフリノベーション」コース という、

実際に身体を使ってリノベーションするガテン系が加わり、

しかもセルフリノベ講師があのみかんぐみの竹内昌義さんという素晴らしい構成。

 

頭と身体を使って、

しっかり学んで参りたいと思っております。

期間中は携帯はつながりますが、恐らく作業中なので、

ご理解頂ければ幸いです。

 

http://renovationschool-shiwa.strikingly.com

http://www.town.shiwa.iwate.jp/cms/section/seisaku/renovation_school/

 

 

埼玉・川越において建築設計・監理を中心に業務しております。建築とはその時代の技術・文化・思想・情勢の指標として世に生み出されて佇みます。「地球温暖化による環境変化」「少子超高齢化社会」「再生可能エネルギーへの転換」等々、多くの解決すべき課題、現実を受けての実践となっておりますが、国勢シュリンク(縮小)期を迎え、どこかしらギスギスしがちな社会に向かっている気が致します。特にSNS等、ネット情報化が進む社会において、プラスマイナス双方の影響が見え隠れしており、聞いたこともないような状態が次々と起こっております。そのような中、一人の赤ん坊が周りの人々を笑顔にするように、業務を通じて関係者や周辺の方々、環境、風土、社会に寄り添うような、緩やかで楽しい関係性を築いていくことができたら、と思っております。ふと目を移すと、国内には遊休不動産、いわゆる「空き家」の数が820万戸を優に超えるという状況となっており、これらの再生や活用も重要な業務となっております。新築・改修・再生ともに特に構造的な「耐震性」、建物のデザインのみならず、基本的な住環境性能と健康を意識した「省エネルギー性」、その土地特有の「地域性」を強く意識した活動を行って参ります。また、川越には現代に残る多くの歴史的遺産が多数ございます。日々その歴史の一端に触れつつ、世代を超えて「愛され存在し続ける建築・場」について、追求・実践して参ります。